etcカードに必要なもの、手順

MENU

高速情報協同組合で、ETCカードのみを発行するための実際の流れ

送付封筒
ETCカードのみが欲しい!
そう思っても、作るまでがなかなか面倒ですよね。
ですが、ETCカードのみ発行の一連の流れや必要なものを紹介しておきます。
意外と簡単なのでぜひ参考にしてください。


ETCカードを申し込みするのに、あなたがやることは、簡単3ステップ!!

1(あなた)まずは、ETCカード申込窓口より、メールにて申込をします。


↓↓↓↓↓

すると、2〜3日後に高速情報協同組合より
郵送にて、1通の封筒が送られてきます。

↓↓↓↓↓


2(あなた)返信用封筒にて、ETCカード発行に必要な書類を返送します。


↓↓↓↓↓

高速情報協同組合より、出資金振込みの連絡があります。

↓↓↓↓↓


3(あなた)指定口座に出資金1万円を振り込みます。(組合脱退時に1万円は返金されます。)


↓↓↓↓↓

完成

 

ETCカードが送られてきます。到着日から、利用可能です。


高速情報協同組合のETCカードのみ。申込に必要な書類は7種類です。


 

1:組合加入申込書

組合加入申込書
高速情報協同組合から送られる書類です。
簡単な記載項目です。

  • 従業員数
  • 業種
  • 必要カード枚数などを書く欄があります。

2:UC ETCカード申込書

UC ETCカード申込書
高速情報協同組合から送られる書類です。
こちらも簡単な記載項目です。

  • 事業の所在地
  • 従業員数
  • 創業年月など

 

3:預金口座振り替え依頼書

預金口座振り替え依頼書

 

高速情報協同組合から送られる書類です。
預金口座振替依頼書(自動振込み)
これは、ETCカードを作ったときの支払いを自動振込みにする申込書です。
当然、あなたの口座が必要になります。
口座番号と、届け出の印鑑を押すだけでOKです。

 

4:車載器を搭載している車両の車検証の写し

あなたが用意します。
こちらは、申込者さんの、車の車検証の写しのことです。
登録する車の台数分、車検証の写しも必要です。


レンタカーなどで、ETCカードを作る予定の方は、必要ありません。

 

5:ETC車載器管理番号(セットアップ明細書の写し)

あなたが用意します。
ETC車載器管理番号とは、ETCカード車載器ごとにメーカーからわりあてられた19桁の認識番号のことです。
つまり、あなたが買った車載器の認識番号です。


車載器をまだ持っていない方は、必要ありません。


ETC車載器管理番号の確認方法
  1. 取扱説明書や保証書、車載器の外箱に記載
  2. 車載器セットアップ証明書
  3. 車載器本体のラベルで確認
  4. 車載器本体から、音声で案内

もし、1〜4の方法でもETC車載器管理番号がわからない場合は、車載器を取り付けたお店に問い合わせてください。


また、返送書類ですが、セットアップ明細書の写しでなくても、ETC車載器管理番号がわかったなら、車検証のコピーの余白部分に手書きで返送されても構いません。

 

6:代表者の免許証写し(両面)

 

あなたが用意します。
これは特に説明はいりませんね。
必ず裏表の両面をコピーしてください。

 

7: 登記簿謄本もしくは、個人事業税納付書写し

あなたが用意します。
この7番目の書類ですが、法人か個人事業主かによって違います。
法人の場合は、

登記簿謄本(発効日より3ヶ月以内、写し可)です。


個人事業主の場合はつぎの3つのうちいずれか

確定申告書
個人事業税納付書写し
開業届け写し(開業してまもなくて、まだ確定申告などしてない場合)

以上です。参考になりましたでしょうか?
必要書類は、返信用封筒にてご返信してください。
そのほかにも、よくある質問なども参考にしてみてください。

簡単!5分で完了ETCカードのみお申し込みページはこちら