ETCカードの利用を経費として
落とす場合

MENU

高速道路の料金は経費になるの?

エンマーク

仕事のために使う、車やガソリン代は経費として落とせますが、
高速道路の利用料金はどうでしょう?


結論から言いますと、高速道路の料金は経費に出来ます。
ただし、仕事の業務を行うにあたり高速道路を利用した場合です。


しかし、こんな場合も経費として扱えます。

例えば、仕事のことで友人に相談しにいくために車で、東京から京都まで高速道路を利用下、、、、こんな場合でも経費として落とせるでしょう。


ETCカードを利用した場合、領収書は?経費にできるの?

豚の貯金箱 イラスト

高速道路をETCカードで支払った場合、領収書が発行されません。
ということは、経費にすることができないのか?


いいえそんなことはありません!
では、どうやって経費として落とすのか?


具体的には、カード会社からご利用明細を発行できると思いますが、それを利用して照会するといいです。


こんなサービスもあります!

ETCにはETC利用照会サービスというのがあります。
これは、ETC利用証明証を発行できるサービスです。


利用条件として、過去62日以内であることと、ETCレーン利用のみ(手渡しは不可)を条件としております。参考にしてみてください。


毎月、ETCカードの請求書を届けてくれるのはないの?

通帳 イラスト

さて、ここからは法人個人事業主に耳寄りな情報となります。


なんと、クレジットカード機能がついていないETCカードのみを発行できて
さらに毎月、高速道路の利用料金の請求書を会社に届けてくれて、
自動で銀行引き落とししてくれるサービスがあります。


その名も高速情報協同組合の発行するETCカードです。


ただ、これは当然ながら無料ではありません。
毎月、高速道路利用料金の5%を支払ったり、発行手数料を支払わないといけないです。


高速情報協同組合のETCカード
>>詳細はこちらで紹介しています。


しかし、毎月の請求書が届くということは、経費を計上する上ではかなり便利になるので、
毎年、確定申告の時期になるとヒーヒー言っている個人事業主さん(私も含め(^_^;))には
おすすめのETCカードですよ!