etcカードが付帯のクレジットカードを紹介

MENU

クレジットつきのETCカードはこちら

クレジットつきのETCカード

もし、ETCカードを発行したいと思ったら、

  • すでに持っているクレジットカードで手続きをするか、
  • ETC機能つきのクレジットカードを新たに発行するかです。

(クレジットカードがいらないけどETCカードを作りたい方はこちら
クレジット機能なしのETCカード


ここからは、ETCカードを発行できるなかでも
おすすめのクレジットカードを紹介しています。

クレジットカード年会費もETCカードも無料のがあるのでお見逃しなく!
↓↓↓↓↓

楽天カード

楽天カード
年会費無料のクレジットカードです。
楽天カードの申込時にETCカードを525円で発行できます。ガソリン給油はENEOSだとポイントが2倍たまるのがうれしいですね。


詳細はこちら

イオン首都高カード

イオン首都高カード

  • ETCカードが自動付帯となります。
  • 年会費無料です。
  • 毎週日曜日は、首都高高速道路が5%オフになります。

詳細はこちら

イオンTHRU WAYカード

イオンTHRU WAYカード

  • ETCカードの一体型があります。
  • ETC年会費は無料です。
  • 日曜日に阪神高速道路が5%割引です。

詳細はこちら

イオン NEXCO中日本カード

イオン NEXCO中日本カード

  • ETCカードの一体型があります。
  • ETC年会費は無料です。
  • 20、30日にクレジットカードのポイント2倍。
  • さらにポイントは、ETCマイレージに還元できます。

詳細はこちら

ENEOSカード

ENEOSカード

  • 年会費1250円(ETCカードの年会費は無料)(
  • ETCは、一体型カード分離型カードと選べる
  • ETCのポイントが貯まる(クレジットカードに)

詳細はこちら

男性イラスト

いかがでしょうか?
ETCカードを発行する際に、おすすめのクレジットカードを紹介してみました。
だいたい、一番人気は楽天カードです。


理由は、楽天ショッピングでポイントがどんどん貯まり便利だからです。
ただ、ETCカードの発行費用に別途525円かかってしまうところが残念ではありますが、その分利益率は断然いいのです。


その次に、2番人気なのはイオンカードです。
イオンは、年会費も、ETCカード発行費も無料だからです。


とくに、こだわりが無いなら、この2つのうちのどれかで決めても、全然OKで、損はしません。
ETCカードも作れるクレジットカード選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。